寺下史郎のIRジャパンが選ばれる理由|企業発展に必要なサービス

レディー

見直されている制度

会社

かつてはさまざまな企業が社員さんへ施策していた福利厚生ですが、最近では施策する会社も少なくなってきたものです。一昔前であれば終身雇用は当たり前の社会であったため、社員さんに継続してしっかりと働いてもらうため、福利厚生の実施は珍しくはありませんでした。しかし近年では、海外の自由経済思想の流入により、終身雇用によって社員を確保するよりも能力のある社員さんを雇おうとする向きがあります。能力のある人を優遇するということは、業績を残せない社員さんを速やかにリストラするということに繋がります。そのためかつてのように社員さんを優遇する福利厚生の制度を用いない会社が増えていますが、近年ではこの制度を撤廃したことによる弊害が現れつつあるのです。業績が出ない社員さんをすぐに辞めさせてしまうので、戦力になるまで育てられず常に人材不足に陥っている会社は多くあります。また、能力の優れた社員さんも他に待遇のよい会社が見つかれば簡単に退社してしまう場合もあるので、終身雇用を撤廃したことで却って会社の利益を損ねていることが多くあるのです。社員さんの待遇をよくする福利厚生を外注で頼むことで、社員さんの流出を効果的に防ぐことができるでしょう。

福利厚生のサービスを外注することで、給与面での拡充を行なわせずに社員さんが働来やすい環境を作ることができます。交通費や健康診断に掛かる費用の負担を軽減させられるほか、最近問題となっている保育施設を優先的に確保させられるなど、働く社員さんにとって魅力的な条件を提供することができるのです。ベテランの社員さんが他企業へと移ってしまうことを防げるほか、求人情報に福利厚生のサービスを記載することで、応募する人の数を増やすことができるでしょう。求人に応募する人にとっても好条件の会社となるため、有能な社員さんを発掘する上でも福利厚生の施策は必要となるのです。

Copyright© 2016 寺下史郎のIRジャパンが選ばれる理由|企業発展に必要なサービス All Rights Reserved.